IST Pictures

ブラぶラした時に見たこと、感じたことをお届けします

イタリア ミラノでラーメンを食べたお話

イタリア ミラノでラーメンを食べたお話です。

f:id:istpictures55:20171031161205j:plain

イタリアといえば誰もがご存知パスタの国。そんな麺文化が根付いているところでラーメン屋さんがあるのかと検索してみると、ありますねー、ラーメンの浸透力恐るべしです。今回はCASA RAMENさんに行ってみました。イタリアの店主が手がけているお店ながら、以前には新横浜ラーメン博物館にも出店されていたとか。期待が高まります。

CASA RAMEN

場所はイーゾラ地区、ミラノ中央駅から徒歩15~20分くらいのところです。土曜日の午後2時頃に伺いましたが、店の外で数名の方が待っており、店員さんに1時間近く待ってもらうかもしれないと言われました。が、15分ほど待って入店することができました。座席は25席くらいとこじんまりしています。

早速、トラディショナル トンコツをオーダー。隣の方が食べていたのが美味しそうだったので、唐揚げもオーダー。一緒に行った相棒は、アジアバーガーなるものもオーダーしておりました。












しばらくして、唐揚げとアジアバーガーが運ばれてきました。

f:id:istpictures55:20171031160919j:plain

アジアバーガーは日本というよりも東南アジア的な味付けがされているチャーシューがバンズに挟まっているという感じでした。気に入ったのは唐揚げ!そのままでも下味がついているので美味しいのですが、散りばめられているバジルやパクチーと一緒に食べると唐揚げが日本からアジアに変身という感じで、それぞれ楽しむことができます。

f:id:istpictures55:20171031161029j:plain

唐揚げを楽しんだ後にお待ちかねのラーメンがやってきました。
スープを一口。うまいです!バリバリのトンコツではなく、程よくスープとブレンドされていますが美味しいです。また、ぬるくないのもいいですねー。麺も美味しかったです。全体のバランスが考えられているんだろうなぁと感じる一杯でした。

f:id:istpictures55:20171031161108j:plain

訪れた際は日本人のグループがひと組おられましたが、その他はほぼ地元とおぼしき方々のお客さんでした。地元の方々で麺をすする方は少なく、フォークでパスタを巻きつけるようにお箸を器用にクルクルしながら麺を巻きつけて食べておられる方もいらっしゃいました。僕の前に座った常連さんと思われるイタリアのお兄さんは、控えめながらズルズルと麺をすすっており、ラーメン文化がミラノで確実に浸透し始めているのではないかと勝手に思いつつお店を後にしました(笑)