IST Pictures

ブラぶラした時に見たこと、感じたことをお届けします

イタリア ベルガモいい街でした

北イタリア、ミラノから小一時間のところにあるベルガモという街を訪れたお話です。

f:id:istpictures55:20171022201543j:plain

街の名前は知っていましたが、有名観光スポットの多いイタリアの中にあってはそれほど注目度の高い街ではないかと思われますが、皆さんはいかがでしょうか?僕はそれほど興味がなかったのですが、訪れてみるととても印象深いところでした。

f:id:istpictures55:20171022201850j:plain

街は大きく分けて、中世の城壁に囲まれた丘の上にある旧市街(チッタ アルタ)とその麓に広がる新市街(チッタ バッサ)で構成されています。新市街は現在の生活の中心地ですが古い建造物が多く残されており、十分に雰囲気のある街です。チッタバッサからチッタアルタの方角へ向かいながら、街をぶらぶら歩いていきます。カフェや洋服屋さんだけでなく、弦楽器工房や額装のお店などウインドショッピングしているだけでも面白かったです。イタリアの古い街はどこもそうかもしれませんが、石畳の道が多く、ベルガモも同様です。さらにチッタアルタはその地形上、坂も多いので散策を楽しまれる際は歩きやすい靴で行動されることをオススメします。

f:id:istpictures55:20171022201924j:plain










チッタアルタには車でも歩いても上がることができますが、今回は登りはケーブルカーで、帰りは歩いて下ることにしました。レトロな感じのケーブルカーは片道1.3ユーロ。5分ほどでチッタアルタに連れていってくれます。写真は、麓の乗り場付近です。

f:id:istpictures55:20171022201636j:plain


チッタバッサでも十分に歴史的な雰囲気を味わえますが、チッタアルタのケーブルカー駅を出るとさらに街の雰囲気が古き時代を感じさせてくれます。駅から人通りの多い通りを歩いていくとドゥオーモ広場に出ました。訪れた日はチーズ祭り?のような催事が開催されており、各地域で生産されているいろいろなチーズを試食しながら購入できるようになっていました。モッツァレラでも生産者によって味が様々で、気に入った味のものを一つ買って帰りました。偶々こういう機会というのも旅の楽しさですね。

f:id:istpictures55:20171022201704j:plain

そして、偶々ということでは今回のベルガモ訪問で何よりも感動したのがサンタ・マリア・マッジョーレ教会です。以前にも各地で何度か教会の中には入ったことがあるのですが、無宗教の僕にとってそういう場はどうも気後れする感じで入りづらいところがありますが、今回はなんとなく入りやすい雰囲気だったので中を拝見させていただくことにしました。
一歩踏み入れてビックリ!

f:id:istpictures55:20171022201410j:plain

素晴らしい!その内部の荘厳さに圧倒されました。
このような内装だと絵が描かれていることが多いと思うのですが、天井はレリーフのようになっており立体的があるために空間全体に圧倒される雰囲気を感じました。

f:id:istpictures55:20171022201448j:plain

旅の相棒もしばらくベンチに腰掛け、無言で上を見上げるばかりでした。宗教や歴史的なことを語れるほど詳しくないのでここでは割愛させていただきますが、訪れる機会があればゆっくりと腰掛けてこの雰囲気に浸ることをオススメします。
入場は無料です。