IST Pictures

ブラぶラした時に見たこと、感じたことをお届けします

山越〜山とも〜三好 讃岐うどん旅

香川県で讃岐うどんを食べ歩きしてきたお話です。

山越うどん

言わずと知れた有名店ですね。平日の11:30頃に到着しましたが、すでに長蛇の列でした。

f:id:istpictures55:20171004021340j:plain

30分程並んで店内へ。元祖と言われている「釜玉うどん」の小を注文。直感的に天ぷらコーナーのえび団子も選んでレジでお支払いしました。

f:id:istpictures55:20171004021408j:plain

テーブルに用意されている釜玉用のだし醤油をかけて食べるのですが、かけ過ぎると味が濃くなるので少しずつかけてくださいとのことでしたが、そんなに強くは感じませんでした。お好みで調整してみてください。

f:id:istpictures55:20171004021442j:plain

卵と麺を絡ませて頂くと、まさに、うどんカルボナーラと言った感じで美味しくいただきました。
個人的には、うどんを受け取ったらできるだけ早く卵とうどんを混ぜておいた方が良いかと思います。好みの問題ですが、うどんを受け取ってから席を探してウロウロしている間に熱いうどんに接している部分の卵が固まり、ダマダマになってしまう恐れがあるからです。気になる方はうどんを受け取ったら早めに混ぜ混ぜしてください。







山とも

平日の午後1時過ぎでしたが、並ばずに入れました。
店内の張り紙で、ひやあつの「かけ」と「しょうゆ」がオススメとあったので、一杯ずつ注文。テーブルに置いてある生姜を擦りながらスタンバイ。

f:id:istpictures55:20171004021208j:plain
キレイな細麺のうどんが出てきました。まずは、「しょうゆ」から。擦った生姜と醤油をちょっと垂らしていただきます。讃岐うどんと言えば、太くて食べごたえがある麺という印象がありますが細麺も意外とイケます。

f:id:istpictures55:20171004021234j:plain

続いて「かけ」のお汁をひと口。うまい!いりこ出汁がいい塩梅です。細麺なので、お汁と共にツルツルと飲むように一気に食べてしまいました。

f:id:istpictures55:20171004021303j:plain

天ぷら屋さんから仕入れている、げそ天がこれまた美味しかったです。









三好うどん

田舎の住宅地といったところにお店はあります。平日のお昼前だったので、並ぶことなく店内へ入ることができました。器や店内の雰囲気はカフェといった感じです。「かけ」に加え、レンコンとちくわの天ぷらを注文。

f:id:istpictures55:20171004020957j:plain

ほんのり甘めのお汁とちょっと不揃いな太麺が手打ち麺であることを感じさせてくれます。ちくわのトッピングも可愛げで嫌いじゃないです。うどんも美味しかったのですが、天ぷらが気に入りました!サクサク感が最高!特にちくわのふわサク感が絶妙でした。

f:id:istpictures55:20171004021046j:plain


f:id:istpictures55:20171004021108j:plain


これまでも何度か香川県を訪れ、讃岐うどんを頂いているのですが、毎回新たな発見があったり、以前は感じることがなかった味覚に気づくことができたり、自分の感性の変化に気づかされたり。大げさかもしれないけど、讃岐うどんにはそんな魅力があるのではないかと思っています。
旅っていいですね(^_^)