IST Pictures

ブラぶラした時に見たこと、感じたことをお届けします

ウィーン郊外のデザイナーズアウトレットに行ってみた

オーストリア ウィーン郊外のパルンドルフにあるデザイナーズアウトレットに行ってみたお話です。

f:id:istpictures55:20170820133828j:plain

ウィーンの国立オペラ座前からシャトルバスも運行(有料)されているようですが、僕はレンタカーで行きました。

f:id:istpictures55:20170820133907j:plain

高速の出口からすぐのところにあり、無料駐車場が敷地内にありますので、車が運転できるなら自分の都合が良い予定を組めるレンタカーで行くと良いかと思います。場所はウィーンから約50km、車で30〜40分のところにあります。日曜日はお休みですので注意が必要です。開店時間などの最新情報はホームページで確認されることをお勧めします。

www.mcarthurglen.com

f:id:istpictures55:20170820134410j:plain

日本でおなじみのブランドもたくさんありました。スイスのFOX TOWNほどではないにしても、160ほどの店舗があり想像していたよりも規模が大きかったです。デザインなどが気に入れば、日本でブランド物は買う気にならない値段設定だと思います。建物の通路部分はアーケード状になっているので、雨や雪が降っても濡れることなく買い物ができるようになっています。








各店舗で免税の手続きを行ってくれますが、便利だなと思ったのが免税の払い戻し取扱い所がアウトレット内にあることです。買い物時にもらった書類を持って行くと、ここで免税分の払い戻しを受けることができます。但し、その後に行わなければならない手続きを行わずに帰国してしまうと、手続き時に登録するクレジットカードを通じて払い戻し額と罰金が引き落とされますので注意が必要です。行わなければならないのは、払い戻し時に書類を手元に戻されます。この書類にEU圏を離れる空港や港の税関でスタンプを押してもらい、一緒に渡される封筒にその書類を入れて払い戻し取り扱い会社の窓口か投函ボックスに入れるか郵送します。要は通常の免税手続きと同じなのですが、払い戻しはその場でやりますよ、ということです。空港での手続きだと税関にいく作業と払い戻し取扱所に行く作業の二つを行わなければならず、いずれも混雑していることが多いので、空港へはかなり余裕を持って行っておく必要がありますが、このうちの一つの作業をここで済ませておけるので、空港では税関の手続きだけで済むことになります。

f:id:istpictures55:20170820134034j:plain

オーストリアで観光だけでなく、買い物も楽しみたい方はぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。