IST Pictures

ブラぶラした時に見たこと、感じたことをお届けします

チェコ、スロベニア、オーストリアで高速道路を利用してみた

2017年6月から7月にかけてチェコ、スロベニア、オーストリアで高速道路を利用した時のお話です。

ヨーロッパでは陸続きで国境を越えていくことができます。高速道路が国をまたいで繋がっているところも多く、シェンゲン協定内ではボーダーコントロールが行われていない所も多いので、気がついたら国境を越えていたなんてこともあります。国境を簡単に越えられることは便利で良いのですが、各国の交通ルールや道路事情は異なりますので注意が必要です。そんな各国の高速道路事情で気をつけたいのが料金体系がバラバラなこと。ドイツのように通行料金無料もあれば、有料道路となっている国もあります。無料はそのまま走ればいいので問題ないのですが、有料道路の場合その精算方法が国によってバラバラなので各国の事情を把握しておく必要があります。イタリアやフランスなどは日本と同じようなシステムで、高速道路の入口で通行券を受け取り出口で精算する方法です。クレジットカードでの精算もできますので、運転中に慌てて現金を用意しなくても大丈夫です。
日本で馴染みがない精算方法がステッカー状になった通行料金を購入し、車のフロントガラスに貼りつけておくスタイルです。今回車で走ったチェコ、スロベニア、オーストリアがこのスタイルでした。各国用のステッカーを事前に購入してフロントガラスに貼っておく必要があります。先ほどお伝えしたように高速道路は国を越えて繋がっており、気持ち良く走ってステッカー購入を忘れて知らないうちに国境を越えて次の国に入り、そこで警察に止められて罰金ということがあります。実際、国境でボーダーコントロールは行われていないが、警察が高速ステッカーを貼っているかどうかをチェックしていることが結構な確率であります。








では、この高速ステッカーどこで購入すればいいのか?
国境を越える手前のサービスエリアのガソリンスタンドや売店で売っています。専用の販売所が設けられているところもあります。一般道の国境付近でも同様にガソリンスタンドなどで購入可能です。有効期間が何種類か設定されていますので、その国に滞在する日数に足りる最小有効期間のものを選びましょう。1日しか滞在しなくても、最小有効期間が10日券だとそれを選択するしかありません。滞在が2週間で、料金設定が10日券の次が1ヶ月券の場合は10日券を2枚という方法も考えられますので、料金を見ながら検討してみてください。


2017年7月現在の各国の情報です。

オーストリア


乗用車で10日券が8.9ユーロ、その次が2ヶ月券で25.9ユーロでした。

僕は2週間滞在することも多いので、その時は一度に10日券を2枚買います。10日後に買うのも面倒ですし、買い忘れも防げます。
オーストリアではアルプス方面のトンネルは有料道路になっているところがあります。ここは高速チケットに関係なく別途通行料金を支払う必要があります。







チェコ


乗用車の7日券が12.5ユーロでした。ユーロで購入が可能だったので、現地通貨(コルナ)でいくらだったのかわかりません。
ドイツからチェコに入る手前のサービスエリアには下の写真のようなチケットの販売所があり、チェコだけでなくその先に繋がるオーストリアのチケットも販売されていました。


スロベニア


乗用車の7日券が15ユーロでした。

他の国と違ったところは、高速道路上に料金所のようなところが要所要所で設けられており、トラックやバスはその都度料金を支払うようです。ステッカーを貼っている車は減速して専用通行帯を通るようなシステムになっていました。

各国の道路事情が違うので初めて走る時はドキドキしますが、ゆっくり走れば問題なく運転できると思います。
安全運転でドライブ旅を楽しんでください。