IST Pictures

ブラぶラした時に見たこと、感じたことをお届けします

スウェーデン トレレボリからドイツ ロストクまでフェリー旅

ノルウェーからドイツに戻る際にはスウェーデンの南端トレレボリからドイツのロストクまでフェリーを利用しました。

f:id:istpictures55:20170727180017j:plain

今回はダイレクトフェリーというフェリー予約サイトを利用して事前に予約を入れました。
航空便のように利用日や利用便により値段が変わります。僕たちにとってちょうどいい時間の便はその前後の便と比較して半額以下とかなりお得に利用することができました。
www.directferries.jp

乗船手続きは行きに利用したロストク〜ゲッサー間のフェリー同様に車に乗ったままドライブスルー状態で手続き可能です。
f:id:istpictures55:20170727180119j:plain
予約時に送られてきた予約確認メールをプリントアウトする場所もなかったのでスマホの画面とパスポートを提示すると、乗船券と車のダッシュボードに置く乗船証を渡されます。
f:id:istpictures55:20170727180100j:plain
トレレボリのフェリーターミナルは複数のターミナルがあり、時間帯によっては複数のフェリーが入港していることもあるようです。乗船証に書かれたターミナルに標識に従って進んでください。僕たちの船はターミナルCに停泊していました。要所要所に係員がいますので指示に従って船内に車を進めていきます。停止後は上の階のキャビンへ向かいます。

所要時間は行きに利用したドイツ〜デンマーク間よりも長い6時間。別料金でベットのある個室を確保することも考えたのですが、昼間便なのでそこまではもったいないけど確実に座席は確保したいと思ったのでオプションで指定席券を購入しました。
f:id:istpictures55:20170727180155j:plain
指定席は新幹線のような感じの席でリクライニング機能も備わっています。これで買い物にいっても、食事に行ってもその間に席がなくなるという心配はありません。





船内にはカフェテリアや免税店があります。免税店はかなり寂しい感じで、行きに乗ったロストク〜ゲッサー便の方が良かったです。クレジットカードも使えますが、値段表記は全てスウェーデンクローナでした。
f:id:istpictures55:20170727180517j:plain
カフェテリアは出航時と到着1時間半前に温かい食事が用意されますが、サンドイッチなどの軽食や飲み物はいつでも購入可能です。メニューはそれほど多くないです。港に売店などはないので乗船前に飲み物や食べ物を用意したい場合は町のスーパーなどをチェックしておくことをオススメします。
船内ではFree Wifiが使えますがかなり遅かったです。

乗船時は天気も良く内海のバルト海は穏やかで全く揺れも感じずに快適でした。ロストク〜ゲッサー間のフェリーが真新しい船だったので、それに比べると古さは否めない船でしたが問題ないレベルだと思います。乗船した時期は夏の旅行シーズン(2017年7月中旬)だったのでファミリー層が多く、子供達が元気にそこらじゅう走り回ってかなり騒々しい感じでした。静かに過ごしたい人は個室を確保した方がいいかもしれません。
f:id:istpictures55:20170727180630j:plain

ドイツからデンマークやスウェーデンへはいくつかのフェリー航路があり、この間をドライブしていくことも可能です。しかし船旅はスケジュールによっては時短やドライブの負担を減らし、旅の楽しさを拡げてくれるかもしれません。機会があれば利用されてみてはいかがでしょうか。