IST Pictures

ブラぶラした時に見たこと、感じたことをお届けします

BOSE クワイアットコントロール30をANA国際線免税品販売で購入してみた

航空機のエンジンより前方に座るか、後方に座るかで機内の騒音はかなり変わってくると思います。
特に中長距離国際線の場合は、ファーストクラスかビジネスクラスに搭乗しないと前方に座ることができない座席配列のケースも多いかと思います。ファーストクラスやビジネスクラスに乗ったこともありますが、もっぱらエコノミークラスを愛用している僕としてはいかに快適に機内で過ごすかということは重要な要素になります。最新機は機内設備も良くなっており、エコノミークラスでもかなり快適に過ごすことができるようになってきていますが、特に欧米路線など長距離路線で機内騒音に晒され続けるのは意外と疲れるものです。

ANAを利用する時は上級会員なのでプレミアムエコノミーに無料アップグレードされる時があるのですが、プレミアムエコノミーに用意されているヘッドホンはノイズキャンセリング機能が備わっているのでかなり騒音を低減することができます。映画を観ていない時でもヘッドホンをしたままにして過ごすようにしています。やっぱりその方が寝れるし、飛行機を降りてからの疲れ方が違うと感じていました。そして、いつかはノイズキャンセリング機能のマイヘッドホンが欲しいと。




ANAの機内免税品販売でBOSEのヘッドホンが販売されているのは前々から知っていました。国内で購入するよりも免税分安くなっており、加えてANAのクレジットカードで購入するとさらに10%OFFになります。今回購入したBOSE クワイアットコントロール30の国内価格 34,560円がANA機内価格 32,000円でANAクレジットカード決済だと10%OFFの28,800円に。これは十分お買い得感があります。さらに今回はANAマイレージ会員のダイヤモンドメンバーに進呈される、機内販売や空港のANA系列売店などで利用できる商品券20,000円分が手元にあったのでこちらも使いました。商品券はイレギュラーとしても、免税+ANAカード決済はかなりお得な買い物方法だと思います。ちなみにANAカード決済10%OFFは国際線だけでなく国内線の機内販売にも適用されます。

さて念願のBOSE クワイアットコントロール30ですが、その後航空機内や電車内で利用しています。アプリでノイズキャンセリングの度合いをコントロールすることができ、再生中の音楽をコントロールすることもできます。

f:id:istpictures55:20170717131437p:plain

最初見た時はネックピース部分が邪魔そうで大丈夫かな、と思ったのですが意外と気になりません。ヘッドホンタイプのものもいいな、と思っていたのですが、座席や壁にもたれて寝たい時などにヘッドホンがずれたりして快適な状態にはなれません。僕の使用用途やニーズとしてはイヤホンタイプで満足しています。内臓バッテリーの持ちも悪くないですし、万が一機内で充電量が心細くなってもUSB充電ですので座席にUSBポートが備わっていればその場で充電も可能です。
やはり機内、車内で静かに過ごすことができると疲れ方が違うように感じました。

f:id:istpictures55:20170717131126j:plain



Duty-Free Shopping - 免税品販売|Service & Info[国際線]|ANA


Bose QuietControl 30 wireless headphones [Black]