IST Pictures

ブラぶラした時に見たこと、感じたことをお届けします

クアラルンプールで配車サービスアプリGrabを使ってみた

マレーシア旅行の移動手段としてコタキナバルではUberが大活躍してくれましたが、クアラルンプールではGrabを利用してみました(2017年5月)。

f:id:istpictures55:20170630170220p:plain

コタキナバルでのUber体験はこちらをご参考ください。
www.istpictures.com

クアラルンプール国際空港ターミナル2からクアラルンプール市街のブッキビンタンまでと、ブッキビンタンからクアラルンプール国際空港ターミナル1までの二度利用しました。
アプリの使い方はUberとほぼ同じです。乗車位置と行き先を入れ、マッチングされた車が決まると車種やナンバー、ドライバーの情報が表示されます。会員登録時にクレジットカードの登録をするので車内での精算はなく、遠回りもなく、ボッタクリの心配も無用です。

Google Mapからサービスエリア内だと手を上げてタクシーを停めるポースの人の形をした配車マーク?が現れます。
GrabとUberの両方のサービスが展開されているエリアではそれぞれの概算料金が表示されますので、それらを比較してどちらを利用するかなどを決めることができるので便利だと感じました。

f:id:istpictures55:20170630171924p:plain

クアラルンプール国際空港ターミナル2では建物から一般送迎車のエリアへ出口が複数あり、それぞれの出口に番号が振られています。この番号を目印にドライバーさんとアプリ内で「2番の出口あたりにいるよ」という感じでメッセージのやり取りをするとお互いに見つけやすいと思います。
ドライバーさんともうまく合流できたのですが、ここで問題が発生しました。僕たちの荷物が多過ぎるから、配車手配する車のサイズを大きくしろと言うのです。GrabにしてもUberにしても、サービスする地域によっては車のサイズなどが選べるようになっていて、当然大きなサイズを手配すると料金は高くなります。
確かに今回の荷物は乗車2名で、スーツケースが2個とゴルフバックが2個なので多いといえば多いのですが、やってきた車にはすっぽり収まる量ではありました。また今回やってきた車が折りたたみの三列シートがついており、7人乗りにもなることからノーマルサイズでもラージサイズ(6人乗り以上)でも対応できることから、ドライバーさんはそのような発想に至ったのではないかと推測しております。
めんどくさいのは嫌なので、「ごめん。じゃあキャンセルして他を探すよ」と言うと、「今回はいいわ」みたいなことを言ってそのままの料金で行ってもらえることになりました。









クアラルンプール市街から空港へ戻る際には、もめるのも嫌なので大きいサイズの車を手配しました。そしてやってきたのは行きと同様に折りたたみ式の三列目シートがついた車でした。確かに7人乗れるけど微妙〜。7人乗ったら荷物は載りません。ラージサイズを手配したらアルファードくらいの大きさの車が来てほしいものです。
料金は、
行き(普通サイズ車) 75.40リンギット
帰り(ラージサイズ車)114.80リンギット
時間帯などによって値段はある程度変動するので単純に比較はできませんが、ほぼ同じサイズ(仕様)の車がやって来て、この値段の差をどう捉えたらいいのか?
荷物の量からするとどちらの大きさの車を手配するのが適正なのか?ライドシェア初心者としては判断がつかないところです。

いずれにしても、KLIA EXPRESSなどの公共交通機関を利用するよりも、2名以上で利用すればドアツードアで重たい荷物を引きずって歩く必要もなくリーズナブルに移動できるのは魅力的だと思います。
コタキナバルにてUberを利用したドライバーさんは、GrabとUberの両方に登録していると言われていたので、「ドライバーさん的にはどっちで乗って欲しいの?」と聞いてみたところ、「どっちでもいいよ」という答えでした。
Grab、Uber共に料金や利用方法に大きな差は感じませんでした。公共交通機関の発達していない地域やTPOに合わせて利用すると、とても便利な乗り物だと思います。
またどこかの国で利用する機会があればレポートしたいと思います。