IST Pictures

ブラぶラした時に見たこと、感じたことをお届けします

本栖湖一周ジョギング

山中湖一周ジョギングが楽しかったので、東京からの帰りに本栖湖一周ジョギングに行ってきました。

本栖湖畔駐車場からスタートすることにしました。ここには売店や自販機、トイレもあります。
ここから反時計回りに走ることにしたのですが、理由は時計回りよりも登り区間が少ないと感じたからです。
反時計回りに走ると、登っているな〜と感じるのは、本栖レイクサイドキャンプ場を過ぎてから中の倉峠展望地入口までの間で、それほどキツい登りではありません。振り返ると写真のような景色を眺めることができるのでがんばりましょう。




一部歩道がありますが、ほぼ全周で車道脇を走ることになります。本栖湖キャンプ場から国道300号に出て、県道79号に分岐するまでの区間は通行量もあり見通しが良くないところもありますので注意してください。

国道300号から県道79号に入ったところに駐車場があります。ここからの富士山の眺めが本栖湖を代表する景色ではないでしょうか。
ここからさらに中の倉峠展望地まで登ると千円札や五千円札にある富士山の景色だそうです。そこまで登る時間はなかったのですが、道路沿いの駐車場からの眺めも素晴らしかったです。↓





ここから湖沿いに県道79号線を走ります。車の通行量は国道に比べて格段に少なくなり走りやすくなりますが、道幅が狭い区間も多く注意が必要です。
山中湖と比べると水は青くキレイに感じました。長崎と言われる岬状になった地形の辺りまで富士山を眺めることができます。↓

本栖湖いこいの森キャンプ場を過ぎると出発地点の本栖湖キャンプ場近くまでは、木々がトンネル状に道を覆い、ほとんど景色を眺めることはできません。木陰は気持ち良く、快適に走れるのですが、景色は単調でカーブを曲がっても曲がっても同じような緑のトンネルが続くので後半は飽きてきました。人間ってわがままで贅沢ですね(笑)

11.8km、1時間20分程のランでした。
山中湖に比べると富士山を眺めることができる区間は短く、ランニング専用道路などは整備されていませんし、トイレや自販機が設置されている箇所も限られています。
しかし人が少なく快適に走ることができます。そして、中の倉展望地入口から眺める富士山は素晴らしいものがあります。
機会があれば富士五湖の残り三つの湖も走ってみたいと思います。