IST Pictures

ブラぶラした時に見たこと、感じたことをお届けします

沖縄でジョギング 〜海中道路編〜

今春に出場したハーフマラソン大会以来のマイランニングブームは継続中で、沖縄旅行中も景色のいいところを走るというのは旅の目的の一つだった。
まずは、うるま市にある海中道路を走ってみました。

海中道路は本島の与勝半島と平安座島(へんざじま)を結ぶ4.75kmの道路で、両サイドが金武湾に面しており、まさに海のど真ん中を走ることができるのです。
そんな海を感じられるところを走ってみたくて、旅に同行していた友人には無理を行って寄ってもらいました。
f:id:istpictures55:20170524085725j:plain

海中道路の中程にロードパークが整備されており、トイレなども整備された憩いの場になっています。パークには海の駅「あやはし館」も併設されており、待たせた友人にはここで食事や買い物を楽しんでもらいました。今回のランはまずこのパークからスタートし、約2kmで平安座島のたもとまで行って折り返し、再びロードパーク方向へ戻ることにしました。
この間ですが、僕はロードパークから平安座島に向かって右側の歩道を走るのが好きでした。
行きはロードパークから左側を走って、平安座島に入った最初の信号で反対側に渡り、戻りは右側を走ってみました。左手に浜比嘉島を眺めながらのランはとても気持ち良かったです。両サイドとも十分な幅の歩道がありますので、行きと帰りで違うサイドを走って、それぞれの景色を楽しまれてはいかがかと思います。
f:id:istpictures55:20170524085752j:plain

ロードパークまで戻ってくると、今度は本島方向へ向かって走ってみました。
本来は本島まで渡り切りたかったのですが、友人を待たせ、その後の予定もあったのと、何より自分の鈍足では往復すると時間がかかり過ぎると判断。あやはし橋の中央部まで行って引き返すことにしました。
船を通すために少し高くなったあやはし橋の中央部からの景色をしばし楽しんだ後、ロードパークに戻りました。走った距離は約6.5km。僕にはちょうどいい長さです。
汗をかいた体に海風が心地よいランでした。
f:id:istpictures55:20170524085651j:plain

次回、機会があれば、伊計島や浜比嘉島も巡ってみたいと思いました。

ホテル予約ならHotels.com